英語をしっかりと身につけるための体調管理法

英語をしっかりと身につけるための体調管理法

せっかくスマホホームステイを始めたのに「何だか体調が優れない」なんてことになってしまうと、とっても辛いですよね。

そこで英語をしっかりと身につけるために日ごろから意識したい3つの体調管理法について考えてみたいと思います。

スマホホームステイ公式HP

1:食事

食事で大切なのは、栄養バランスが取れた食材を摂取することです。そうはいっても、たくさんある食材の中から何を選べば良いのかわからないという人もいますよね。

そんな方は、まずは毎日の食事内容を振り返ってみるのがおすすめです。

「ここ数日野菜が足りてない」と意識するだけでも変わってくると思います。

また、『主食』『主菜』『副菜』の三つを意識して毎日の食事を考えることも大切です。

『主食』は米・パン・麺類などの穀物で、頭や体を働かせるためのエネルギー源となる、たんぱく質の供給源です。

『主菜』は肉・魚・卵・大豆料理で、たんぱく質や脂質の供給源です。

『副菜』は野菜・芋・海草・きのこ料理で、ビタミンやミネラル、食物繊維を体に届けてくれます。

「自分は若いから大丈夫」って思っている人も今のうちに意識しておくと良いと思います。

2:運動

私もそうですが、一日中室内で仕事をしている人にとって、運動するのはハードルが高いですよね。

運動が健康に良いとわかっていても、いきなり毎日運動をはじめることは現実的ではないと思います。

まずは週に2、3回でも運動の習慣をつけることから始めてみてはいがでしょうか。

1日15分程度の運動でも体に対する効果があるといわれていますので、時間があまり無い人も積極的に運動するようにしてみましょう。

睡眠の質を上げる

いくら寝ても体がだるい、疲れが取れないという人は睡眠の質が低い可能性があります。

睡眠の質を高めるためには、寝ている時よりも寝る前の行動を見直すことが必要です。

例えばスマホやPCが発するブルーライトは睡眠の質を下げてしまうので、就寝1時間前にはスマホやPCの使用を止めるようにしましょう。

また、コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインも睡眠の質を低くする原因になるため、寝る前は控えた方が良いでしょう。

暑くてもクーラーをつけないという人もいると思いますが、寝苦しくて頻繁に目が覚めてしまわないよう、部屋を適温に保つことも大事です。

私は体調管理も勉強することの一部だと考えています。

もし現在不規則で体調を崩してしまうような生活をしている方は、できる範囲で体調管理に気をつけてみてはいかがでしょうか。

スマホホームステイ公式HP TOPページを見る