• ホーム
  • 部屋が冷える原因は窓にある!?

部屋が冷える原因は窓にある!?

築が浅い物件や新築の物件ですと、窓のつくりがしっかりした二重構造などになっており、断熱効果に優れていることもあるのですが、賃貸で借りるマンションやアパートの部屋はそこまで断熱効果が期待できない窓のところが多いです。
どうしてもサッシと窓の間に隙間ができてしまうので、気密性が失われ冷気が入って来る原因となってしまうのです。
その結果、冬などは部屋がかなり冷えるようになってしまいます。
最近の一軒家などは、この気密性にこだわった保温効果の高い窓を使っていることが多いのですが、やはり建てられてから年数が経っているマンションやアパートではそのような窓を使っているところはほとんどありません。
保温効果の高い物件を探すとなると、その分かなり家賃も高くなってしまうでしょう。

これを解消するためには、市販の断熱シートなどを活用するのが最も手軽で効果的な方法です。
断熱シートは窓全体に貼るものや、サッシ・隙間に貼るものなど様々な種類があります。
100円均一ショップやホームセンターでも簡単に安価に手に入れられます。
普通のカーテンではなく保温性の高いカーテンなどに変えるのもおすすめです。
良いカーテンに変えると、冬にあたたかいだけでなく夏は日光の熱を吸い取って、部屋の中を丁度良い温度に保ってくれるという効果もあります。
紫外線カットなどの効果が付いているものもおすすめです。
断熱シートを使うと、見た目が悪くなるのがネックでしたが、最近は可愛いデザインのものが多く出ていますし、カーテンも部屋のアクセントになるようなものもあります。
これらの工夫で、冷気をカットし部屋が冷えるのを防ぐことが可能です。
冷気を防ぐことで結露なども発生しにくくなるのが嬉しいポイントです。
最初から気密性の高い窓が付いている賃貸を探すのは難しいですし、実際にそのような物件を借りるよりも、このような市販のアイテムを上手に使う方がかなりコストを抑えられるはずです。

また、鉄筋コンクリートなどの住宅は木造よりも冷えやすいという特徴があります。
夏は涼しさを感じられ気持ち良いかもしれませんが、寒い季節になってくると木造住宅の方が「あたたかみ」を感じられるでしょう。
フローリングなどには、「無垢材」を使うことで裸足でも優しい木のぬくもりを感じることができます。
通常のつるつるしたフローリングは冷たく感じることが多いので、あたたかくしたい際にはラグやカーペットを敷くなどするのがおすすめです。

関連記事