• ホーム
  • 敷金の仕組みを知っておこう!

敷金の仕組みを知っておこう!

賃貸の物件を借りる場合、「敷金・礼金」というものが通常かかってきます。
この「敷金」とはどのようなお金なのでしょうか。
「敷金」とは、借りた部屋に住んだ後、そこから退却する場合に原状回復をするための費用として使われるという仕組みになっています。
通常は部屋のクリーニング代や補修費などに使われます。
賃貸だと、いつかはその部屋から出て行くことになるので入居前にあらかじめ準備金として大家さんに払う必要があります。
大体家賃の一カ月分くらいが目安となっていることが多く、基本的にはかかった費用以外が返金されるようになっています。
退却時に、自分がどれくらい家のクリーニング代や補修費を負担しないといけないかは、重要な問題です。

まず家を借りる際には、部屋の中にキズなどがないか立ち会いのもとしっかりと確認します。
最初から付いていたキズを、自分の過失だと言われることを避けるためです。
手すりなど、キズはなくてもはずれやすくなっている場合なども注意です。
もともと壊れやすくなっている状態だったのに、自分の過失として処理されてしまうことなどもあるかもしれません。
最初の確認を十分にしておかないと、トラブルにつながってしまいますので、面倒かもしれませんが回避のために隅々までチェックするようにしてください。
大きな家具を運ぶ際や、壁にポスターを貼ったりラックを設置する際にキズや穴があくことも多いので、特に引っ越し作業の際には気を付けるようにしましょう。

「礼金」は、部屋を貸してくれる大家さんに対してお礼として払うという仕組みになっており、こちらは確実に返金されることはありません。
こちらも家賃の一か月分くらいが目安となっていることが多いです。

ですので、「敷金・礼金」を払う必要のある物件を借りる場合、最初は家賃の三カ月分ぐらいの費用がかかってしまう可能性が高いということです。
これは借りる側にとっては大きな負担になりますが、最近では礼金なしという物件も増えていますし、会社によっては敷金もサービスしてくれるというところもあるようです。
初期費用がかかることを回避したいのであれば、物件を探す会社のサービス内容もしっかり調べておくことが望ましいでしょう。
はじめは「敷金・礼金なし」と聞いていたのにキャンペーンの期間が過ぎてしまい結局お金を払わないといけなくなったというトラブルもあるそうなので、サービスの内容はきちんと確認するようにしておいてください。

関連記事