• ホーム
  • 室内のカビはシックハウス症候群の原因になる!

室内のカビはシックハウス症候群の原因になる!

室外と室内の温度差が大きくなると窓などに結露が発生しやすくなってしまいます。
特に冬などは、外は寒いのに暖房などを付けるので余計に結露しやすくなります。
結露が発生すると、そこからカビが発生してしまうことがあります。
このカビは、最近よく聞く「シックハウス症候群」の原因となってしまうことがあるのです。

シックハウス症候群とは、家で発生する様々な化学物質などが原因で何らかのアレルギーなどを発症させてしまうことを言います。
くしゃみ・鼻水・涙が止まらなくなったり、頭痛や肌にかゆみを感じてしまうなどの症状が出ることが多いのですが、重度のアレルギー症状が出てしまう場合は命の危険にも関わることがあります。

シックハウス症候群は、家に使われている素材によって起こることもありますし、掃除などが行き届いていない場合に起こることもあります。
前者は特に新築の物件でも起こりやすくなっています。
ただ最近の家では、アレルギーの起こりにくい素材が使われるようになり、あまり素材によって症状が出るという例は少なくなってきました。

後者は、ほこりがたまっている場合にそれらを吸いこんでしまうことで起きたり、最初に述べたように結露によるカビや化学物質が空気中に舞うことで起こるというような場合が多いようです。
カビの発生率は、新築よりも古い物件の方が高いといえます。
これらの対策のためには、毎日しっかりと掃除を行い、部屋の換気をすることが重要です。
結露からカビが発生するのを抑えるためには、毎日水気をしっかり取り、窓を乾燥させておくことが望ましいでしょう。
結露を吸い取るためのシートなども市販されていますので、水気を取るのが面倒だという人はそのようなアイテムを活用するのがおすすめです。
寒い季節は少し辛いかも知れませんが、朝晩きちんと換気するようにしてください。
室外と室内の気温の差を大きくしないために、家の断熱性を高めることも効果的です。

きちんと掃除をしているのに症状が治まらないという場合は、芳香剤などが原因となっている場合もあります。
特定の場所でしかくしゃみや頭痛が出ない、という際にはその部屋に芳香剤などを置いていないか確認し、置いてある場合には一度撤去してみるとよいでしょう。

せっかく自分のお気に入りの物件に住めるようになっても、このような症状が出てしまっては大変です。
シックハウス症候群対策をきちんと行い、家の中は常に清潔に保つようにしましょう。

関連記事