股間がかゆそうな女性

外陰部にかゆみがあるときに感染が疑われる病気

外陰部のかゆみの原因は、大きく分けると2つになります。
その2つとはかぶれと感染で、双方とも陰部が乾燥すると悪化する傾向があります。
かぶれは接触性皮膚炎とも呼ばれており、外部からの様々な刺激によって引き起こされるものです。
皮膚の表面を表皮が覆っていますが、これは外からの刺激を防ぐ役目を担っています。
一種のバリア機能があるために、皮膚の内部が守られているわけです。

外陰部がかぶれる原因はナプキンなどによるスレや蒸れ、下着のゴムによる擦れ等が挙げられます。
そのほか身体を締め付ける衣服やガードルなどにより、血行不良になりやすくなります。
特に生理中や妊娠中は、肌が敏感になりやすいと言えます。
そして陰部が乾燥することで、かぶれのリスクが高まるわけです。

肌のバリア機能は表皮の水分と油分のバランスにより保たれています。
肌が乾燥してしまうとバランスが崩れることになり、バリア機能が正常に働かなくなります。
その結果として、少しの刺激によってもかぶれやすくなるわけです。
一方かゆみの原因として挙げられるのが、ウイルスなどによる感染です。
陰部の感染症は性的な接触がなくても、発症する場合が少なくありません。

女性の陰部の中では、粘膜部分がウイルス感染しやすい部位と言われています。
それは粘膜部分は皮膚の中でも、バリア機能が低いからです。
粘膜はデリケートなため、ちょっとした刺激でも傷つきやすく感染しやすいわけです。
感染経路は性交渉だけでなく、温泉やプールなどが挙げられます。
ペットを飼っていれば、ペットからも感染するリスクがあります。

かゆみを伴う感染症には性器ヘルペスがあります。
強い痛みや水疱が生じることがあり、一度感染すると再発しやすくなります。
そして免疫力が低下したときに、発症する傾向があります。
性器クラミジアは自覚症状が殆どなく、おりものが増えたりします。
不妊の原因にもなるので、早期治療が大切です。

かゆみの原因が接触性皮膚炎でなければ皮膚そう痒症やビダール苔癬をはじめ、慢性単純性苔癬や外陰部パジェット病(外陰部ページェット病)などの疑いがあります。
症状にはそれぞれ特徴があり、詳しく検査する必要があります。

医療機関ではどんな検査と治療方法を行うの?

外陰部のかゆみは、症状が軽度であれば自然治癒する場合もあります。
生理前ならば生理になったら、治るケースも少なくありません。
それでも我慢できなければ、早期に病院で受診することが大事です。
かゆみなどの症状が強い場合は、膣カンジダの可能性も高いと言えます。
但し現在は良い治療薬があるので、正しく服用すれば完治します。

性感染症が心配な場合は、早期の受診が推奨されます。
性病が原因の外陰部のかゆみは、意外に少ないものです。
それでも性交渉がある場合は、定期的な検査が薦められるわけです。
性病の中でもクラミジアは、自覚症状がないことが殆どなので、検査をすることで発見できるということになります。

おりものの感じがいつもと違う場合、何らかの感染の可能性があります。
おりものが臭ったり、ポロポロしている場合は注意が必要です。
感染症でも自然治癒する例が多いのですが、抗生物質などを使えば治りが早くなります。
それゆえ仕事や家事で早く治りたい場合は、早期に受信することが適切となります。

婦人科では診断や要望に応じて感染症の検査が受けられます。
基本的にはおりものの検査となり、内診の際に採取することになります。
内診での採取が苦手であれば、自分で採取することも可能です。
採取された検体は顕微鏡で観察され、その場で原因菌を特定できることもあります。
それでも分からなければ、培養検査に回されます。

培養検査は検体を適切な環境の下、細菌の繁殖を促す方法です。
おりものの中の細菌が増殖することで、原因菌の発見につながるわけです。
検査結果がでるには通常1週間くらいかかります。
薬剤に対して耐性がある菌も見つかるので、治療薬の選択に有効となります。
検体の採取に関しては、1分くらいで済みます。

皮膚そう痒症やビダール苔癬をはじめ慢性単純性苔癬や外陰部パジェット病(外陰部ページェット病)に関しても、それぞれの特徴から検査によって分かることがあります。

Latest Post